介護の記録を取る

介護施設や介護サービス提供事業所は介護保険の指定を受けているので、介護保険法の運営基準などに沿った記録を整備しなければならないのです。介護の仕事は管理的な事も多く、しっかり管理している証明が記録です。 今やITの時代です。記録も紙ではなく、ノートパソコンやタブレットを使用しているところもあります。その中で介護支援ソフトを導入しているところもあります。 介護支援ソフトを導入すると、業務の効率化がはかれます、介護の記録には種類が様々であり、利用者の数が増えれば増えるほど管理が大変になります。介護支援ソフトは覚えてしまえば、効率よく進められるのですが、職員によっては、パソコンが苦手なため、非効率的な事も考えられ、全てのところで介護支援ソフトがうまくいくとも言えない場合があるのです。

介護支援ソフトとは、一般的には国民健康保険団体連合会いわゆる国保連に介護報酬を請求するためのソフトというのがイメージ的には合っています。 ただ、この介護支援ソフトでは、むしろ介護報酬云々よりも介護に関する様々な書類作成に重点を置いているケースが多くあります。たとえば、居宅介護支援事業者における介護サービス計画いわゆるケアプランであったり、あるいは各事業者で作成しなければならない各サービス計画であったりと様々です。 事業者の置かれている状況や立場によって、この介護支援ソフトの導入は考えればよく、他の事業者が導入しているからという理由ではなく、むしろ自分たちにとって使いやすい介護支援ソフトなのかどうかを導入前によく検討することが大切です。